トップページ>個人事業システム>VBA 所得税医療費控除
vba_kyumei

システムの最新情報


VBA 所得税医療費控除 平成25年版 VER 3.20 を公開しています。

Excel2010/2007用ファイルの最新版がダウンロードできます。


システムのダウンロード

「VBA 所得税医療費控除」の「過去5年間版」システムは、税理士・会計事務所、商工会議所・商工会、青色申告会の 会計専門家のユーザー様が入力したデータをCSVファイルに保存することにより複数のデータを管理するためのソフトウェアです。 「開始」メニューの「ファイルへの保存」と「ファイルから読込」ボタンから複数のデータを管理することができます。

「過去5年間版」では「更正の請求書」または「更正の申出書」の作成のために、平成20年から平成25年まで過去5年間の医療費データの入力が可能になっています。


平成25年フリーソフト版のお知らせ

無料の医療費控除システムのご利用をご希望の場合は、下記のベクターライブラリーで公開しているフリーソフト版のダウンロードとご利用をお願いします。 フリーソフト版では、医療費データが登録できるのは50件までになりますのでご了承ください。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se496671.html


平成25年版のお知らせ

「VBA 所得税医療費控除」平成25年版は、平成25年分の医療費控除の確定申告用です。

「平成25単年版」で医療費の入力できる年月日は、平成25年分は平成25年1月1日から平成25年12月31日までとなっています。

「過去5年間版」では「更正の請求書」または「更正の申出書」の作成のために、平成20年から平成25年までの過去5年間の医療費データの入力が可能な仕様になっています。

「過去5年間版」ファイル名 pro_iryohi25.xlsb

「平成25単年版」ファイル名 syoto_iryohi25.xlsb


「VBA 所得税医療費控除」は、50件まで医療費のデータ入力が試用できるようになっています。

50件を超える医療費データ入力は、ライセンス料金のお支払いとメール送付されるパスワードの解除が必要になります。

パスワードを解除すると、医療費のデータを最大500件まで登録することができます。

なお平成25年版では、平成26年1月以降の医療費データの入力と確定申告にはご利用いただけませんのでご注意ください。

「VBA 所得税医療費控」除のライセンス料金は、「Vectorのシェアレジ」ではお支払いできません。「銀行振込による方法」をご利用ください。


「前年分データ読込」についてのご注意

「VBA 所得税医療費控除」は「システム設定」メニューの「前年分データ読込」で昨年の平成24年分のファイルから 「医療を受けた人」「病院・薬局名」など基礎データを引継ぐことができます。

ただし「平成25単年版」と「過去5年間版」のExcel2007/2010用 xlsbファイルでファイルの拡張子が違うとデータの引継ぎはできません。

「平成25単年版」では syoto_iryohi24.xlsb ⇒ syoto_iryohi25.xlsb の組み合わせでデータ引継ぎが可能です。

「過去5年間版」では pro_iryohi24.xlsb ⇒ pro_iryohi25.xlsb の組み合わせでデータ引継ぎが可能です。


国税庁の確定申告コーナー用のExcelファイルの作成について

国税庁の確定申告コーナーからダウンロードできるExcelファイルへのデータの移行機能を追加しました。

国税庁の確定申告コーナーからダウンロードするiryouhi_form.xlsファイルの「医療費集計フォーム」シートにデータを入力すると、 確定申告コーナーで「医療費の明細書」の作成時に読込んで利用することができます。

「VBA 所得税医療費控除」からExcelファイルへの医療費のデータの移行方法はシステムに添付している 「医療費控除の利用方法.pdf」ファイルを参考にしてください。


「VBA 所得税医療費控除」Excelファイルのダウンロードについて


「VBA 所得税医療費控除」平成25年版のExcelファイルがダウンロードいただけます。


ご利用中のExcelのバージョンにより、ダウンロードするExcelファイルが違いますのでご注意ください。

Excel2010/2007用ファイルは、Excel2010とExcel2007で起動できますが、Excel2003では使用できません。

このサイトのExcelファイルは圧縮していないので、解凍せずにそのままご利用いただけます。


このシステムをご利用になるには、Excelのマクロを有効にしてパスワードを解除する必要があります。

Excel2007 Excel2010 ではそれぞれ「マクロを有効にする方法」が違います。

「マクロを有効にする方法」のPDFファイルから、ご利用になっているExcelのマクロを有効にするまでの設定方法を確認してください。


「VBA 所得税医療費控除 H25」システムは、50件までの医療費のデータ入力と医療費の明細書の他 すべてのシートの印刷機能が試用できるようになっています。

ライセンス料金のお支払前に、お使いのパソコンで実際の医療費のデータ入力と医療費の明細書の印刷テストをお願いします。

50件を超えるデータ入力は、ライセンス料金のお支払いと、メールで送付されるパスワードの解除が必要になります。

パスワードを解除すると、医療費のデータを最大500件まで登録できます。


「VBA 所得税医療費控除」平成25年版Excelファイル 平成25年分確定申告用 平成26年3月提出用バージョン

「VBA 所得税医療費控除」システムの最新バージョン         ダウンロード は DownLoad をクリックしてください。
名 称 最新版 ダウンロード
VBA 所得税医療費控除 (平成25単年版) Excel2013/2010/2007 H25 ver3.20 (03/20) DownLoad
マクロを有効にする方法 PDFファイル (03/20) DownLoad
国税庁確定申告コーナー用Excelファイルの作成について PDFファイル (01/07) DownLoad

ExcelファイルとPDFファイルのダウンロードは DownLoad のリンクをクリックしてください。

Excel2010/2007用ファイルはExcel2010とExcel2007で起動できますが、Excel2003では使用できません。

Excel2010/2007用ファイルで保存したCSVファイルは、Excel2003用ファイルでは読込できません。

Excel2003用ファイルはExcel2010とExcel2007では互換モードで動作します。


「ファイルのダウンロード」からは、「保存」をクリックして保存したい場所(フォルダ)に保存してください。 「開く」をクリックすると、Excelが起動してダウンロードに失敗することがあります。


ファイルのダウンロード















システムの説明


VBA 所得税医療費控除

EXCELで医療費領収書から確定申告用の医療費控除の明細書を作成します。


医療費の領収書や通院費用、保険の補てん金などから、確定申告で使用する医療費控除の明細書を作成するEXCELのシステムです。

確定申告の準備のために、医療費を集計するシステムとして公開しています。

医療を受けた人は10名、病院・薬局名は30件、治療内容・医薬品は20件まで登録できます。

医療を受けた人、病院・薬局名、治療内容・医薬品のデータは、コンボボックスに直接漢字で入力するか一括登録をすると呼び出して再入力ができます。

支払った医療費の年月日データは、平成25年分は平成25年1月1日から平成25年12月31日までが登録できます。

医療費の明細書のデータは最大500件まで登録できます。


医療費フォーム

医療費フォーム



+拡大表示













システムの使用方法


EXCELのシートは表示専用でデータの入力はすべてVBAフォームから行います。


医療費の明細書

医療費の明細書



+拡大表示













システムの使用料金


「VBA 所得税医療費控除 」システムはシェアウェアです。

50件までの医療費データの入力とシートの表示機能の試用にはパスワードは必要ありません。
「パスワード」メニューから入力すると、50件を超える医療費データの入力とシートの印刷機能が利用できます。
試用していただいて継続的に利用される場合には、シェアウェア版システムの使用許諾書 に同意していただきましてから、 使用料金のをお支払いをお願いいたします。

使用料金のをお支払いは、ライセンスの購入 でご確認ください。


「平成25単年版」は使用料金として、2,160円とさせていただきました。


平成25年版のシステムの有効期限は、使用開始日から平成26年3月31日までとなっております。

システムの有効期限の経過後は使用することはできません。平成25年分以外の年度で使用されたり、 税法や法律が改正されたことによって計算誤りが発生しても制作者は一切の責任を負いません。


銀行振込によるライセンス購入について

銀行振込によるライセンス購入をご希望のお客様は、下記の送金連絡専用アドレスに「パスワードの請求」メールを送信してください。

「パスワードの請求」メールをお願いするのは、サーバーのウィルス対策やスパムメール対策のために、 当社から「パスワードごご送付」メールが受信できなくてご迷惑をおかけする場合があるためです。

送金連絡専用アドレス: regmaster@soft-j.com

「パスワードの請求」メールを送信される際、下記の項目を合わせてお送りください。


振込みに使用されるお名前:

ライセンスを購入するシステム名称:VBA 所得税医療費控除 H25「過去5年間版」または「平成25単年版」

メールアドレス:

メールニュース送付: (必要/不要/受信中 のどれか)

システムの動作確認: (確認済/未確認 のどちらか)

使用許諾書への同意: (する/しない のどちらか)


システムの動作確認が未確認の場合には「使用料金の銀行振込について」メールのご送付の前に 再度システムのダウンロードと動作確認をお願いする場合がありますのでご了承ください。

「システムの使用許諾書」への同意に「しない」を選択した場合は、弊社システムをご利用いただくことはできませんので 「パスワード請求」メールを送付する必要はありません。


ライセンスの購入

シェアウェア版システムについて


シェアウェア版では、データの入力とシートの印刷機能の使用にはライセンスキー(パスワード)が必要になります。

一部のデータ入力から帳票の表示にはライセンスキー(パスワード)は必要ありません。 システムの動作確認の上、データの保存とシートの印刷機能を利用される場合には使用料金のお支払いをお願いいたします。


シェアウェア版システムの使用条件について


シェアウェア版システムの使用許諾書


1)システムの有効期限

システムの有効期限は、使用開始日から各システムの設定年月日までとなっております。

システムの有効期限の経過後も使用することはできますが、システムの指定した年度以外での使用や、税法や法律が改正された ことによって計算誤りが発生しても制作者は一切の責任を負いません。


2)著作権および所有権

シェアウェア版システムの著作権および所有権は Soft-j.com が所有します。


3)使用権

シェアウェア版システムの使用権は、購入者が所有する一台のコンピュータで使用することを意味します。
シェアウェア版システムの使用権は、いかなる方法によっても第三者に譲渡および貸与することはできません。
シェアウェア版システムを制作者の許可なく、ホームページ、雑誌などへの掲載をすることはできません。


4)免責特約の明示

シェアウェア版システムが使用できないことまたはシェアウェア版システムの使用および使用結果について、使用者および第三者の 直接的および間接的ないかなる損害に対しても、システムの制作者ならびに掲載者は一切の責任を負いません。
計算誤りや印刷誤りがないか、必ず使用者自らによって確認していただきシェアウェア版システムによって発生した 計算誤りまたは印刷誤りは、使用者の責任で対処していただくという原則で使用してください。
損害の可能性について、制作者が事前に知らされていた場合でも同様とします。

あらゆる損害に対する免責をご承諾いただくことを使用条件とします。


5)使用料金について

シェアウェア版システムの使用許諾書に同意された方は、各システムの使用料金をお支払していただけます。

本システムに対する使用料金のお支払は、本システムの所有権の購入を意味するものではありません。

また、支払済みのシステムについては、いかなる理由をもってしても換金および返金はできません。


以上の「シェアウェア版システムの使用許諾書」に同意した上で、「VBA 所得税医療費控除」のファイルをダウンロードしていただきますようお願いいたします。


バージョンアップ情報


平成24年版 VER 3.11 の変更点

「VBA 所得税医療費控除」はCSVファイルで複数の申告者データを管理する機能と「更正の請求」または「更正の申出」の作成に対応するために 過去5年間の医療費のデータを管理できる「5年版」と、過去5年間の医療費のデータを管理する機能と複数の申告者データを管理する機能を 削除した「単年版」を公開しています。

「単年版」では、パスワードを解除すると500件までデータの入力できますが入力できる年度は平成24年のみになります。

「過去5年間版」ファイル名 pro_iryohi24.xlsb

「平成24単年版」ファイル名 syoto_iryohi24.xlsb


平成24年版のお知らせ

「VBA 所得税医療費控除」システムは、税理士・会計事務所、商工会議所・商工会のユーザー様の会計専門家用システムとして公開しています。 このため、複数の申告者データを管理する機能と、過去5年間の医療費のデータを管理する機能を追加しています。

「VBA 所得税医療費控除」は、50件まで医療費のデータ入力が試用できるようになっています。

50件を超える医療費データ入力は、ライセンス料金のお支払いとメール送付されるパスワードの解除が必要になります。

パスワードを解除すると、医療費のデータを最大500件まで登録することができます。

「VBA 所得税医療費控」除のライセンス料金は、「Vectorのシェアレジ」ではお支払いできません。「銀行振込による方法」をご利用ください。


「VBA 所得税医療費控除」平成24年版は、平成24年分の医療費控除の確定申告用です。

医療費の入力できる年月日は、平成24年分は平成24年1月1日から平成24年12月31日までとなっています。

また、「更正の請求書」または「更正の申出書」の作成のために、過去5年間の医療費のデータも入力が可能な仕様になっています。

なお、平成25年分以降の確定申告と医療費データの入力にはご利用いただけませんのでご注意ください。


「VBA 所得税医療費控除」は「システム設定」メニューの「前年分データ読込」で昨年の平成23年分のファイルから 「医療を受けた人」「病院・薬局名」など基礎データを引継ぐことができます。

ただし、Excel2007/2010用 xlsbファイルと、Excel2003用 xlsファイルでファイルの拡張子が違うとデータの引継ぎはできません。

iryohi23.xlsb ⇒ syoto_iryohi24.xlsb の組み合わせでデータ引継ぎが可能です。


平成21年版 VER 2.11 の変更点

医療費データを「データ削除」ボタンから削除したときに、医療費の明細書と月別集計表が 正常に表示されなくなるエラーを修正しました。


平成21年版のお知らせ

「VBA 所得税医療費控除」は平成21年版よりシェアウェアになっています。 シートの印刷にはライセンス料金のお支払いが必要になります。

・医療費の明細書データの登録件数を500件までに拡大しました。

・「治療内容・医薬品」のデータを登録できるようにしました。


エラー情報について


≪Excel2010でメニューボタンを右クリックした場合のご注意について≫

Excel2010で「データの編集」「明細書の表示」「明細書の印刷」などのメニューボタンを右クリックすると、 Excel2010が自動的に描画ツールを起動するためにメニューボタンの左クリックができなくなります。

この場合は、パソコンの「Esc」エスケープキーを2度押すか、他のメニューボタンでシートへ移動すると元に戻ります。

Excel2007でご利用の場合は、この問題は発生しません。


月別集計表の「実行時エラー'1004’ほかのピボットテーブルと重なります。その位置に表示することはできません。」エラーについて

このエラーは、ピボットテーブルで作成した月別集計表がシートに残っているため、新しい月別集計表を作成できない場合に発生します。

月別集計表の「表示終了」ボタンは、システムが作成したピボットテーブルを自動的に消去します。 このボタンを使用しないで、エクセルの「閉じる」ボタンでファイルを保存した場合などにこのエラーが発生します。

対処方法は、ワークシートタブを表示して、月別集計表のSYUKEIシートに移動します。

「表示終了」ボタンのクリックで古いピボットテーブルを消去してから、新しい月別集計表のピボットテーブルを作成してください。